フォトアルバム

最近のトラックバック

更新ブログ

Powered by Six Apart

« 2011年11月 | メイン | 2012年1月 »

2011年12月24日 (土)

ばけものがかりマネージャーからの報告

皆さん昨日はお疲れ様でした。

マネージャーはキュートなバンドメンバーに感動しました。

さらにその他の裏方で活躍してくれた方にも感謝です。

このライブに寒い中、また、いろいろと事件が起きたなかで

来てくれたお客さんからの気仙沼(虎舞復興支援)への募金は16945円集まりました。

マネージャーが責任を持って気仙沼へ送ります。

2011年12月22日 (木)

ばけものがかり・エレガントクリスマスライブ 終わる

12/20(火)

ありったけの技術と、ありったけのアイデアと、

背伸びした演出と、空まわりな勢いで

ばけものがかり・クリスマスロックンロールショーは行われた。

当日、臼杵は全国のニュースに報道されるほどの事件が発生

小中学生は早く帰宅し、夜は外出禁止令がでるほどの事態となった

19:30、大友宗麟や野上弥生子といった

臼杵の偉人がつぶやく「WE WILL ROCK YOU」の映像とともに

「たった今ロンドンでレコーディングを終えたばかりのチャーミングな七人組」

と称する大人げない大人たちが登場

TREXの名曲「20世紀少年」の歌詞を臼杵祇園に見立てた一曲目

「寛永20年少年」を皮切りに

無駄に時間ばかり使うパネルディスカッションを

痛烈に「無意味」と叫ぶ「さーディスカッション」(ローリングストーンズ「サティスファクション」)など

毒吐き系のオープニング数曲を披露

その後「臼杵の歴史シリーズ」と銘打った

偉人や出来事の曲を演奏

ラモーンズの「ロックンロールレディオ」で「野津五郎頼宗」

クラッシュの「反アメリカ」で「唐人町の陳元明」

ジミ・ヘンドリクス「パープル・ヘイズ」で「オリヘイズ」

ビートルズ「ヘイ ブルドッグ」で「兵 来るぞ」

デビッド・ボウイ「スターマン」で「荘田平五郎」など

鎌倉時代から大正の近代までをロックの名曲に乗せて

激しく、楽しく、軽快に、滑稽にパフォーマンスした。

「歴史の町の恩恵あって住んでいるくせに、臼杵のことを知らないバカ野郎どもに説教臭く歌う」と吐き捨て

また正反対に「町並を盾に己しか守らぬ都合のいい愛郷心」をコテンパンに罵倒した

第二部では頼まれてもいないのに

「勝手にキャンペーンソング」を熱唱し、

補助金に頼りっきりのイベントを皮肉った

ラストの「補助金&シャウト」でいったんステージを去るものの

わざとらしいアンコールに応えて「WE WILL 藩主」で幕を閉じた

2011年12月20日 (火)

業務連絡    本日 ライブ 

会員各位

臼杵ミワリーバンド・ばけものがかり

エレガントクリスマスライブ 

本日開催

メンバー、スタッフは6:30久家の大蔵 集合

7:00開場

7:30開演

9:00終了予定

一応、会長がサプライズゲストを送迎する予定

だれかゴミ袋をもってきて

差し入れ大歓迎

じゃ よろしく

2011年12月11日 (日)

けっこう順調ではなかろうか

12/20(火)にライブ予定の

臼杵ミワリーバンド ばけものがかりは

市内のあるスタジオで

猛特訓中

問題は多々あるものの

前回よりは聞けるんではないかと思います

昔、ウィーン少年合唱団に在籍していたボーカルも

声がかれてきております

ギターは相変わらずソロ中に口が開いてます

ベースは便秘のような苦しい顔でプレイしてます

ドラムはいまだに原曲を記憶するのに必死

完璧ではないのですが

練習するたびに確実にすこーしずつ進歩はあります

曲目は当日のお楽しみ

今回は,

前回多かったご要望にお答えするべく

歌詞カードを配布予定

2011年12月 3日 (土)

市浜小学校の妖怪発表を見学 

先日、といってもちょっと前に

ミワリーが案内した市浜小学校よりお手紙をいただき

中を見ると

お礼の言葉や感想などとともに

そのツアーで聞いた臼杵の妖怪を

校内のほかのクラスにも発表するので

来て下さい・・といった内容でした

木曜日、10時30分ごろ(中休みを利用して開催していたので9

加トさんと一緒に行ってみたところ

その会場である視聴覚室の前は

長蛇の列

先生に気づいてもらい

中に入ると 真っ暗にしてある室内は

光で道ができており

6か所ぐらいの説明版や妖怪の絵が展示されておりました

20111201102826

さらに 我々を感心させたのは

そのブースに近づくと

その妖怪の担当の生徒さんらが

それぞれ説明をするのです

まさにミワリーツアーで行った室内バージョンであります

20111201102812

また絵もさることながら

それをぼんやりとライトアップする

「簡易竹ぼんぼり(紙製の筒)」

怪しさを醸し出し

じつにみごとな調和を成しておるのでありました

すばらしいのひとことでした

ありがとうございました