フォトアルバム

最近のトラックバック

更新ブログ

Powered by Six Apart

« 2011年6月 | メイン | 2011年8月 »

2011年7月26日 (火)

俺指定無形民俗文化財② ~町のウーマンパワー~

臼杵の祇園祭も終わりました

毎年、当番町による町をあげての熱の入れ様、四年に一度の一体感に

伝統の重み、町の本当の姿を感じます

とくに毎回、多大なるご尽力をいただくのが

町のウーマンパワー「女性軍」のみなさんであります

この方々は、着物を着て山車に乗る若衆のように目立った存在ではなく

陰で支える縁の下の力持ち的な存在であります

練習時の飲み物、山車の運び出しの日の早朝の食事や

祭り当日の着付けなど

我が子の面倒を見るかのようにお世話をしてくれました

今年に限らず八町すべての女性軍のみなさんの「蔭の力」

俺指定無形民俗文化財に登録いたします

153

普段から家業や家事にお忙しいあばちゃん・奥さん方も

この時期ばかりは仕事も家庭もそっちのけで

「祭りのためならなんでもお手伝い」と言わんばかりの力強さ

なぜこのような底力を発揮するのかと申しますと 

私的考察ではありますが

女の人は山車に乗れない

かといって祭りにはどんな形ででも参加したい

いや、参加しなくては町の恥である

その思いが若衆への応援や、着付けなどの女性ならではのきめ細かいお世話へと注ぎこまれているのではないか・・・・・このように思うのであります

臼杵には男でも山車に乗りたくても乗れない人(住んでないとか、つながりがないとか)がたくさんおられることと思いますが

女の人は生まれながらに乗りたくても乗れないのであります

つまり「あんたたちはチンチンがあるんやけん、私たちの分もがんばってくれんえーー!」

遠まわしに言っているようなもの(直接言うおばちゃんもいますがね・・)

その悔しさ・幼いころからの憧れといったものが

このウーマンパワーに火をつけ油を注いでいるのであります

また女性軍の分まで乗組員は山車の上で、勇壮・毅然・颯爽たる振る舞いでもって

期待と協力に応えるのが恩返しではないか・・・このように思います

この場をお借りして 厚く御礼申し上げます

2011年7月16日 (土)

祇園様 真っ最中

昨日、曳き出しが行われました

明日は御渡りが行われます

昨夜の山車が向かい合っての打ち合いでは

自分もエキサイトしてしまい

狂ったようにザイを振る

「クレイジー采術」を披露し

みんなの笑い者でしたが

自分の中では

「祭る」=「勇め」 と思っており

激しく称えるのが礼儀ではないか

このように考えております

「伝統は守るもの、祭りは攻めるもの」であります

んで、ばけものがかりとしても

以下のような曲を作ったので

いずれどこかで披露する予定です

「寛永20年少年」~『20th Century Boy』

四代藩主、 信通さん、
寛永二十年に始めた
スサノオ、オオクニヌシ、クシイナダヒメの神様

金色よ御(1643)輿の
夏は祇園まつり行こう


初代藩主、貞通さん
美濃にいるとき武功をあげた
奪還した郡上八幡
戦利品だぜおやりふり、
金色よ御輿の
臼杵祇園まつり行こう

祇園まつり行こう
疫病退散
祇園まつり行こう
商売繁盛
祇園まつり行こう
御輿が通るぞ
祇園まつり行こう
山車をひっぱるぞ


連長さん、宰領さん
江戸でもないのに江戸っこ気取る

悪ガキも、秀才も
じじいもばばあも血が騒ぐ

金色よ御輿の
夏は祇園まつり行こう

祇園まつり行こう
疫病退散
祇園まつり行こう
商売繁盛
祇園まつり行こう
御輿が通るぞ
祇園まつり行こう
山車をひっぱるぞ

原曲/T-REX『20th Century Boy』 

2011年7月13日 (水)

現・臼杵藩の民俗~薄気味悪い気質②~

臼杵のおばさんは

ツボにはまって

「あはははははははぁぁぁぁ

あはははははははぁぁぁぁ

あはははははははぁぁぁぁぁぁぁぁ」

大声で笑った後

80パーセントくらいの確率

「あ~あ  あーいたよう」

という

ため息まじりで

涙目で 

2011年7月11日 (月)

俺指定文化財① 「山車の内部」

Yama37

つまらん名誉のために県指定やら国指定やら

はたまた世界遺産やらを

己から名乗り出て

やたらとがむしゃらに客寄せ重視してしまい

その文化財の本質を忘れてしまうくらいなら

観光そのものを見直すべきではないか

このように思う今日この頃

皆様方も

市のやり方にはケチをつけるけど実現性は丸投げの

政治の黒幕的な 身近にあるちっぽけな権威に

ますます暑苦しさ倍増していることと思います

 

このような思いからか

「誰が何と言おうと自分の中では有形&無形文化財」

と思えるものを紹介しよう と

このようなカテゴリーの設立に至った次第です

小さなものから大きなもの

メジャーなものからマイナーな

臼杵のものを 

勝手に文化財指定いたします

まずその① 「山車の内部」

これは臼杵祇園祭の山車の車輪部

若衆が乗る台の下であります

昨日、祇園祭を前に山車の掃除・飾り付けが行われ

そんときに撮影しました

この山車の仕組みをみれば 

山車の曳き方なども 大いに勉強になります

狭いためうまく撮影ができませんでしたが

中央部分にあるでかいカンのようなものは

夜曳きの時に点灯する提灯をいれるものです

見たい人は山車が止まっているときに

覗き込んでください

けっして運行中にはのぞかないようにお願い申しあげます

2011年7月 8日 (金)

近い遺産⑦ 荘田平五郎記念子ども図書館 (&読み聞かせのお知らせ)

「星の宵 読み聞かせ」のお知らせ

とき 8月6日(土)18:30から

ばしょ 荘田平五郎記念子ども図書館

957_2

ミワリークラブはこのイベントに紙芝居か妖怪話か、

とにかく何らかの形で参加(乱入?)する予定

そのほか「よむよむの会」のみなさんによるブラックシアターなどがあります

この図書館を近い遺産登録いたしますです

この図書館は三菱財閥の大番頭・荘田平五郎(キリンビールを命名した人)が

若いころ学問をさせてくれた郷土・臼杵への恩返しに贈った建物です

今は子ども図書館になっていますが 

新館ができる前はこちらが本館だったということです

当時、市にある図書館としては極めて稀で

イギリスなどを留学し、日本の近代化に大きな貢献をした

荘田平五郎らしいイキな贈り物であります

2011年7月 6日 (水)

「歴史景観」について

「春のハートフル・フレンドリーそよ風リサイタル」の

オープニングは

レッド・ツェッペリンの「ロックンロール」をやった

曲の内容は

古びれた建物を無理くり改修し、施設にしてみたはよいが

何に使ってよいやら用途がわからない、

という 

(自分を含めた)「困惑する市民」と、

「歴史景観」を盾に、

この異様な悪乗りに乗ずる人々(自分を含めた)を

やさしく皮肉った歌詞だった

自分も町のいろんな行事・団体・勉強会に参加し

この「歴史景観」の大切さはわかっているつもりである

「守る」か「守らぬ」でいえば

「守るべき」と思っている

でもね

ちょっとしつこい気がするのである

たとえば我々の世代でいう「懐かしさ」=アーケードや子供公園は、

現在でいう「うすきの歴史景観」を優先すれば、

なくなってしまったのもしかたないことと考えているが、

そういった「ひとつの時代」をもぶっつぶしてやっているわりには

「これが昔からの臼杵」といいはってやがるのである

かといって反対するわけでなく

乾いてないパンツをはいたまま、しかたなくその「歴史景観」という空気を保っている

ようするにそれが町の作る空気であって、

老若男女ひっくるめての歴史の町づくりになっているのである

そして 万が一、町の真ん中に「空気を読めない」大バカ野郎が

とんでもないものを建てないために臼杵市には条例ができている

この条例は住んでいる人が生活にこまるほどの無理を言っているわけでもない

しかしそれ以上のいきすぎた過剰保護を訴えるすっとこどっこいは人の生活を考えていないのでお話は出来ない

確かに景観に影響ある土地を共有・または所有している地区や個人が木を切ったり、家を壊したりしているの見かける。

が、しかしその共有者・所有者はそんなことは早くから百も承知でしかたなくやっている事情もある。

その事情とは危険防止や老朽化をに対する金額面でのことが大半。

事情も知らずに「歴史景観」「町並保全」ばかり問うのは

どの角度から見てもむやみにケチをつけているようにしか見えないのである

あんまりしつこく言いすぎるんで「べつに臼杵に住まなくてもいいっか」などと思われないよう

住みやすい町なかにしていただきたい

以上

田舎の畑のど真ん中にエレガントな洋風建築があるの方がよっぽど滑稽であるが

それは建てる人の勝手なのである

「サーフィン遊泳水泳」

横泳ぎをしようぜ
中津浦遊泳所
けいれいヶ浜で
夏休みだけ
甲乙丙があり
最初は丙
山内流は
古流泳法

立ち泳ぎをしようぜ
中津浦遊泳所
けいれいヶ浜で
夏休みだけ
日本で指折り
県無形文化財
山内流は
古流泳法

旗振り泳ごうぜ
中津浦遊泳所
文政五年に
山内九馬が
稲川清記に
伝授した
山内流は
古流泳法

冬も泳ぐぜ
(コーラス)寒中水泳♪
中津浦遊泳所
(コーラス)寒中水泳♪
文政五年に
(コーラス)寒中水泳♪
山内九馬が
(コーラス)寒中水泳♪
稲川清記に
(コーラス)寒中水泳♪
伝授した


一番に忍(1822年)耐
古流泳法


山内流は古流泳法

山内流は古流泳法

/原曲:ビーチボーイズ『サーフィンUSA』

2011年7月 5日 (火)

現・臼杵藩の民俗~薄気味悪い気質~① 

臼杵のおばさんは

猫を追い払うとき

必ず

「しょい!」

という